マホガニーの上がり框

マホガニーの上がり框

今週は玄関の上がり框を製作しました。

上がり框とは玄関の一段上がり際にある横に走った材のことです。

今回は曲線を描く為、難易度は高めです。

使った材料は高級材のマホガニーです。

一枚あたり数万円の高級材なので、普段より多めの手汗と緊張感が漂います。

IMG_3361

先ずは原寸図を起こしてカットする大きさとRの曲率を割り出します。

原寸図で全てが決まってしまうので慎重に図面を起こします。

IMG_3359

次に自動鉋で製材をし、幅と厚みを揃えます。

マホガニーの持つ独特の木目が出てきました。

IMG_3360

曲線部分を作るため一定の角度に長さを決めて短く張り合わせます

IMG_3368

IMG_3367

原寸を型にしてRの基準面をトリマーで削りだします。

トリマーではここまでが限界でした。

IMG_3369

IMG_3374

この先はグラインダーとユニバーサルサンダーで出っ張り部分をならし、仕上げをしていきます。

難しい工程でしたが、上手くいったと思います。

IMG_3377

 

IMG_3383

 

IMG_3384

残りは直線部分を貼り付けて仕上がりです。

IMG_3387

 

IMG_3390

 

工場で組み立てたのでできあがりはかなり大きいです。このまま搬入します。

 

 

お問い合わせ

contact

ぜひお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

営業時間9:00~18:00

メールでのお問い合わせ