No Image

施工例

中山建設で建てる住まい

屋外テラスと屋内テラスのある家

屋外テラスと屋内テラスのある家

場所:東京都新宿区 /構造:木造三階建て /敷地面積:101.62㎡(30.7坪)/建築面積:59.62㎡(18坪)/延床面積:153.87㎡(46.5坪) /設計施工:中山建設 /設計協力:古川達也

完成ストーリー

タイトルをクリックすると記事が表示されます
  • 第1話:狭小住宅のアイデア勝負。

    2019-02-06

     

    地元横浜を抜け出し、都心での新築プロジェクトが始まりました。

    建設地は東京都新宿区の狭小地。既存建物から2世帯住宅への建て替え計画です。

    施主様のご両親、施主様ご夫婦とお子さまが住まうお家。そして、将来家族が増えることも想定したお家づくりです。

     

    地元横浜は、坂・狭小地や変形敷地など、厳しい条件の住宅地が多い土地です。

    そんな横浜で心地よく暮らすための家づくりを追求している中山建設。

    これまでの知識と経験が活きる新たなチャレンジとなりました。

     

    コンセプトプランは「屋外テラスと屋内テラスのある家」

    古川都市建築計画の古川設計士に設計を担当していただきます。

    建築面積や斜線制限の厳しさといった諸制約を空間の豊かさへもっていくためのアイデアと、初回のヒアリングでお伺いしたお住まいへの夢を上手く盛り込んだ、古川設計士渾身のプランです。

    制約が多いからこそ、譲れないところと妥協するところのメリハリが重要です。

    お客さまのおもいを汲み取りながらも、家づくりのプロとして出来ることと出来ないことをはっきりとお伝えし、お客さまのご要望に更に付加価値のあるご提案をする。

    いくつもの課題と要望を丁寧に検討し、プランの内容もどんどん進化しています。

     

    設計契約を結ばせていただいた日には、ご近所の有名なタイ焼きやさんでアツアツのたい焼きを買って待っていてくださったお客さま。

    お気遣い本当にありがとうございます。

    ぜひ、一緒に楽しいお家づくりをしましょう!

     


関連記事
  • 車寄せのある平屋

  • 旗竿敷地に建つ家

  • 南庭を楽しむ平屋

  • 屋外テラスと屋内テラスのある家

  • 縁側サンルームの家

    縁側サンルームの家

  • クラフトマンの家

    クラフトマンの家

この記事をシェア
LINE