ケーススタディ

ケーススタディ

横浜で心地よく暮らすための設計術をケーススタディしました。

1階すべてが土間空間の家

  • 地域とつながる。

    1階すべてを土間空間として、お店やサロンといった地域とつながる家を想定したスタディモデルです。
    おウチ仕事やカフェなど、収入を生み出す空間を併設することで、土地を有効に活用することができます。またこの土間を、商業空間だけでなく土間リビングとしても活用することで、日常の暮らしのなかでも無駄なスペースにならないような工夫もなされています。

関連記事
  • ハイサイドテラスのある家

    ハイサイドテラスのある家

  • 景観を活かすマンションリノベ

この記事をシェア
LINE