工事進行中:ぐるっと回れる家

2016/01/05



投稿:やまもとふみこ
img_3775

ぐるっと回れる家

場所:神奈川県横浜市/構造:木造二階建て/敷地面積:205㎡(62坪)/建築面積:73㎡(22坪)/延床面積:137㎡(41坪)/設計施工:中山建設/設計協力:古川達也
母+夫婦+3人の子供たちが住まう2世帯住宅。 1階は母の寝室と居間。2階は家族の成長に合わせて 間仕切ることが可能なワンルームです。階段を中心に ぐるっと回れる空間で自由度とゆとりを生み出します。
*以下、画像をクリックすると記事が開きます。
IMG_4163-300x2242017年5月18日第7話 構造計算のお話。
構造設計者の宮崎さんと打ち合わせ。
細部納まりについて検討しました。
床下エアコン採用物件のため基礎形状もかなり重要。
空気の通りが良い様に立ち上がり部を減らします。

IMG_4165-300x224


また構造の検討結果を「wall stat」木造住宅倒壊解析ソフトにのせてシュミレートしてくださいました。
熊本地震・阪神淡路大震災等の地震周期
建築基準法による数百年に一度発生する地震
それぞれ3回づつシュミレート。

IMG_4163-300x224


ストレスのかかっている壁に黄色~オレンジ~赤と表示されています。
映像で見ても熊本地震が建物へ及ぼす影響はすさまじい物で構造バランスがとても大事なことが映像から直感的に再認識されます。
まだ入力が完ぺきではなく紹介は出来ないのですが何処かで見て頂けるようにしようとおもいます。


18222612_1622929494481098_5615463773193834148_n2017年4月27日第6話 良い家つくるぞ!思い出ウォール

ぐるっと回れる家、いよいよ着工!
と、その前に。
これまで暮らしていたお家からの建て替えになるので、今のお家を解体するところから作業が始まりました。

お施主様、設計士の古川さん、そして中山建設の三者で壊すもの、再利用するものを確認。

18222650_1622929607814420_4694781881845382078_n

再利用するものは大工が丁寧にばらしていきます。
建築中、仮住まいをするお家への引っ越しが済んだ家の中はがらんとしていていました。
これまで楽しく暮らしていたこの家ともお別れ。

お家への感謝の気持ちと、新しいお家への期待を、二階に上がる階段の壁にみんなで思いっきり書き綴りました。


18222225_1622929334481114_6982582886527921600_n


「古川さんも中山さんも一言書いて!」いぇーいとお客様
古川さんが階段室に立って涙ぐむ姿が印象的でした。


中山が書いた良い家作りますの言葉に、「共に」と書き添えて下さったご家族みんなの為にも良い家作るぞ!!


18192373_1294310694017907_6093146936150521230_o2017年4月27日第5話 許容応用力度計算のお話し。

もうすぐ着工その前に。

新築の際、構造体となる木材のプレカットをお願いしている株式会社マツモトさんのプレカット工場にてお打合せ。
参加者は
意匠設計を担当している古川都市建築計画 古川さん
構造加工の株式会社マツモト 荻野さん、小泉さん
構造計算をお願いしている宮崎さん
そして施行の中山建設。

それぞれの立場からの情報を共有する為の大切なお打合せも無事すみ、いよいよ着工を待つばかりです。



許容応用力度計算とは?
住宅などの比較的小規模な建物に用いられる構造計算の方法の事です。
建物にかかる固定荷重や積載荷重に地震力などの長期荷重、短期荷重を想定して、部材等の内部に生じる抵抗力(応力)を算出し それぞれの部材がそこにかかる応力に耐えられるかどうかの限界点(許容応用力)比較するもの。


現在のところ、新築で木造二階建てを建てる際の建築確認申請では 構造確認は必要とされていません。
同じように、建物や基礎の耐震性や地盤補強に関するチェックなどもありません。


中山建設の家づくりでは、家の安全性を確保する為、構造計算・耐震性、地盤状況の確認は必須と考え
設計時には許容応用力度計算、またはそれと同様の構造計算を実施し、設計を行っています。


_92A76802016年10月29日第4話 パッシブ換気システムの体験に行ってきました。
パッシブ換気システムって言葉をご存知ですか?

給気口から取り込んだ新鮮な空気を床下に設置した家庭用エアコンで温め、電気などの動力を使わずに暖かい空気が上に上がる性質を利用して空気を家中に巡らせ、換気をすると共にハウスダストや有害物質を天井の煙突から排出する換気システムの事です。

床下エアコン以外は機械に頼らずに室内の空気を自然に巡らせる事ができ、スイッチやフィルター、ダクトシステムなども使用しないので、基本的にメンテナンスは不要。
家が存在する限りずっと。いつでも自然な風が室内を巡ります。


と。言葉で理解しても百聞は一見にしかず。

お施主様、設計士の古川さん、そして中山建設の中山と三者でパッシブ換気システムを採用している建物の見学に行って参りました。

今回拝見させて頂いた建物は株式会社マツナガの会長のご自宅です。

img_0789-300x225

外壁には外の空気を取り込む給気口が二本。

img_0788-300x225

給気口から床下に取りこんだ空気を暖めているのは、一般家庭で使用されているルームエアコン。
使用する機械はこれだけ。
365日24時間ずっと稼働し続けて外から取りこんだ空気を暖めて家中を巡る暖かい空気を作ります。

img_0787-300x225

天井部分に付いている通風口にティッシュを当ててみるとすぅ~っと吸い付きました。
空気が動いているのですね。

給気口、排気口にはナイロンリボンセンサーというナイロンのリボン(そのまんま。。)が入っており、人が集まって湿気が上がった部屋ではナイロンが伸びて換気量を多くし、人がいない湿度の低い部屋では縮んで換気量を減らす役割をしているそうです。
アナログかと思いきや、ナイロンの素材の特性を上手に使ったハイテク(?)
自然や素材の力を上手に使っているシステムだという事がよくわかりました。

img_0774-300x225

パッシブ換気システムの一番の特徴といえるのは外に突き出た二本の大きな煙突。
なかなか存在感のある佇まいですが、家の外観を印象付けるシンボルになりそうです。

img_0791-300x225

見学をさせて頂いた後は、ぐるっと回れる家の図面を見ながら計画の確認。
パッシブ換気システムは家自体が大きな換気装置になる為、計画段階からお施主様、設計士、施工者と、家づくりに関わる全員の意識の共有が大切なのだと感じました。

img_0796-300x225
この日の詳しいレポートはブログにて中山がご紹介しています。
ぜひ併せてご覧になって下さいませ。

断熱と換気。横浜でパッシブ換気の戸建住宅
_92A34912016年8月24日第3話 ぐるっと回れる家。基本設計に入りました。
ぐるっと回れる家は、ただ今基本設計が進行中です。
1/100の模型を作製し現地での光の入り方を確認したりと、家作りが段々と固まっていく段階でのお打合せが続きます。
お施主様、設計士、施工者と皆でつくる家づくりの打ち合わせの様子を設計士の古川さんがレポートしてくださいました。

古川都市建築計画ブログ 新築住宅計画「ぐるっと回れる家(仮称)」基本設計
_92A34912016年7月3日第2話 打ち合わせで元町AAスタジオへ行ってきました。
ぐるっと回れる家プロジェクトの打ち合わせで 元町にあるAAスタジオへ。 この日のイベントでは設計担当の古川さんが常駐との事なので 事務所を離れこちらに集合となりました。 休日の元町すごくにぎわっていました。 今回はプレゼン待ち案件の仕様確認や これから始まる 「ぐるっと回れる家」「ガレージ+店舗付き住宅」 のすり合わせ。 そして1/3は住宅と公共性についての 建築談義。 中身の濃い打ち合わせとなりました。
_92A34912016年3月26日第1話 リフォーム?新築?悩んだ時の判断基準。
リフォームか新築かを判断するときに必要なのは お客様にとって必要な情報を、専門的な観点から整理して分かりやすくお伝えする事。耐震性は? ライフラインの老朽化? 断熱性は? 自由度のたかい間取りになるの? リノベーションでの提案は最終段階。 PLANもお見積りもご提出済み。だけど 「新築での可能性を確認してから判断したい!」 敷地に対して大きく配置を変える場合や 建物の特性を大きく変えるには 新築を考えます。 古川さんと一緒にヒアリング。