家族のつながりと心地よさのある家。


 

ゆたかな庭の緑の間から差し込む日差しが心地よいKさんのお住まい。築35年の家をせっかく建て替えるなら息子夫婦も一緒に…と二世帯住宅にした理由をお話していただきました。

ほどよい距離感のある
二世帯の暮らし方が最適だった。

二世帯住宅は実は2つの家族が仲良く暮らすのは難しいといわれます。しかし、Kさんの住まいはそうはなっていないようです。「最初は、子供も大きくなって結婚したし、私達夫婦の暮らしにも変化が出てきたから、小さな家でいいのかなとも思っていたのですが、お互い必要以上に干渉しないし、必要な時は助け合う事も出来る二世帯住宅は、今の暮らし方に凄く合っていると思っています」と建て替えで二世帯住宅としたことには満足なご様子でした。

「そうそう、孫も学校から帰ってきて、ここから「ただいま~」って。完全な二世帯住宅だから、玄関も別にしているのにね(笑)」とうれしい誤算も。「お風呂やトイレ、玄関とかは別な方が、お互いに気を遣わなくて良いけど、身近に感じられる距離に子供がいるのってやっぱり楽しい。孫の友達もいっぱい遊びに来てくれるから凄くにぎやかですし」。こんな素敵な日常が生まれたのは、リビング脇にあるスロープのおかげ。「みんなここを通ってくるから、家の中の気配を感じでもらえるみたい」。そんな気配りのある設計ができるのも、中山建設の魅力のひとつです。

木の家でゆたかな時間を過ごす

中山建設の家といえば、無垢の木の家ですが、Kさんの住まいももちろん無垢の木をはじめとした自然素材がそこかしこに使われ、室内はほっこりとした空気感で満たされています。「ずっとここに居ると自分ではだんだん当たり前になってしまうのですが、はじめてこの家に来る方は、このリビングに入ってくると『なんだか凄く空気が気持ち良いわね』と褒めて下さいます。天井も高いし、暑い日なんかは窓を開けておくと自然に風が通るからすごく気持ちいいですね」とKさん。「孫達はよく無垢の木の床に寝そべっています。気持ちのいい場所が本能的にわかるんですね」。

 

趣味の絵画をする時間が一番好きというKさん。心地よい木のぬくもりに包まれて、ゆたかな時間を過ごすひとときは、木の家ならではの時間といって間違いないでしょう。