家と庭との関係性

2015/08/11



自然とふれあいながら暮らす生活。

舗装された道と、コンクリートや新建材の建物に囲まれて、夏の暑さや冬の寒さをしのぐ生活が当たり前に出来ている昨今にあっても、人は自然の中に家を建て自然の中で暮らしていると言っても過言ではありません。

 

忙しい毎日を過ごしていると、日常の喧騒を離れ緑深い森や海の潮風の中でゆったりとした時間を過ごしたいと感じるのも、また人と自然とが密接に関わりあっていると言う事なのではないでしょうか。

自然の中で自然と共に生きる暮らしが、もっと身近になったら素敵だと思いませんか?

例えばウッドデッキ。リビングから庭へと空間を一つに繋げることで、茂る植栽は季節の移ろいを感じさせてくれるものです。
夏の日差しが強い日には爽やかな木陰を作り、季節が秋へと移り変わるにつれて紅葉し葉を落としていく木々。寒い冬にはひっそりと新芽を育て、風が温かくなる春に一斉に葉を茂らせます。

ちょっとしたスペースにグリーンを。

DSCF1046一戸建てだけに限らず、マンションなどにもベランダに鉢植えやコンテナでちょっとしたグリーンのスペースを。ちょっとした演出で空間の魅力が増し、色とりどりの花を咲かせてくれます。ポットやお料理に彩を添えるハーブを育てたりなど、気軽に季節感を感じることができるのもまた魅力ですね。

専門のプランナーにご相談下さい

中山建設の家づくりコミュニティ「よこはま家STA」では、建物と庭とをつなげたより豊かな暮らしのためのご提案をガーデンプランナーが承っています。

 

よこはま家STA ガーデンデザイナー

吉田 龍 yoshida ryu

株式会社草のよしだや代表。
雄大な自然の中で育った事を原点に「緑を身近に感じられる空間作り」を大切にしています。
日常に取り入れやすく、お客様の生活スタイルに合った植物をご提案し、その後のお手入れが楽しくなるようなサポートも致します。
ガーデニングが初めてという方もどうぞお気軽にご相談下さい。

 

草のよしだや:http://kusanoyoshidaya.jp/index.html